石鎚酒造株式会社
石鎚酒造株式会社
石鎚酒造株式会社

食中に活きる酒造り。

手造りの酒を念頭において、大型の仕込みでは出来ない手作業が成せる、
私ども蔵元の姿勢と情熱を酒に表現しています。
私たちが目標とする酒造りは、「食中に活きる酒造り」。
蔵内のスローガンは、「石鎚を愛して頂くお客様の為に造る」です。
純米酒、純米吟醸酒を中心に、3杯目から旨くなる酒を目指します。

石鎚酒造について

酒蔵の位置するこの地は、西日本最高峰「石鎚山」のふところで 名水の町として呼び声の高い愛媛県西条市にあり、仕込み水にこの石鎚山系の清冽な水を使用、西条・周桑平野の穀倉地帯を控えており、酒造りに非常に適した気候、風土の中にあります。
私たちは蔵元家族中心での酒造りです。創業は大正9年(1920年)。 平成11年に杜氏制を廃止し、現在の体制で20年を迎えております。 酒造計画等の工夫に基づき無駄のない、確実かつ丁寧な仕事をすることを信条に 社員全員が力を合わせて日本酒「石鎚」を醸しています。

1. 洗米・浸漬・蒸きょう

手造りの酒を念頭において、大型の仕込みでは出来ない手作業が成せる、私ども蔵元の姿勢と情熱を酒に表現したいと思っています。原料処理においては、使用する原料米の品種特性を毎年量るデータに準じて、その年々の作柄・性質にいち早く順応するべく、細心のケアを払っての洗米・浸漬工程にあたります。
近年、重要視しております蒸きょうは、主に酒母・麹米用と掛米用の2基のアルミ製甑にて、ボイラー蒸気の間接噴射型で行っています。平均してこの甑で白米重量11~12%の水分を吸水しております。香気良くしっかりとしたさばけの良い蒸米に仕上がります。

2. 麹造り

麹造りはタライ麹法により、全量を箱麹によって突き破精型の吟醸麹が出せるよう心掛けております。麹室への引き込みは、放冷機は通さずに蒸米のあら熱を取り、約45度位の品温にて、12kg位ずつ室へ入れ、床用製麹機の床上で目標の種切水分量まで水分を飛散させ、調整後種切り・ねかせです。
翌日の盛りは全てタライに移し、仕舞仕事から箱麹に移行、出麹までじっくり時間を掛けて、醪後半まで作用するような麹を常に造り出すことを目標にしています。タライ麹法は、出麹に追われることがありません。40度ラインを越えてから、しっかりと時間をとって、ふくらみのある麹にしたいと思っております。

3. 酒母・醪・上槽

速醸酒母にて味が良く、優良で純粋な酵母を拡大培養の後、もろみに移行してからは、5~12度という低温で長期間発酵します。もろみの平均日数は約30日。純米造り故に、もろみ期間の設定は幾分長めにとりまして、もろみの状貌に味や香り、分析数値との相談により、適熟となっての上槽に漕ぎつけるまでゆっくりと構えます。
上槽行程では、平成13酒造年度より酒槽を復活させました。製造するもろみは、酒槽にて袋搾りとなります。平成29年には自動圧搾機を導入し、上槽専用冷蔵庫内にて上槽。安定的かつ高品質な醸造環境を整備しました。
食中に活きる酒造りを目標に、きれいで酸味のしっかりとした味わいの「石鎚」にしていきたいと考えております。

仕込み水の特徴

私どもは、愛媛県西条市に蔵を構えております。この西条市という町は、古くから名水の町として呼び声高く、西日本最高峰の石鎚山系より脈々と流れる水は、環境庁が主催する「全国おいしい水の鑑評会」にて2年連続の日本一に輝いています。
酒造りに使用するのは、蔵内にある井戸から湧き出る清冽な仕込み水で、超軟水。出来上がった酒にみられる、澄んだ香りに、すっきりとした口当たり、ビロードのような柔らかさはこの仕込み水に由来するものと考えます。

米へのこだわり

使用原料米の持つ品種特性を把握し、いかにその持ち味である特有の香味を酒に、特に純米酒に反映できるか、と考えております。麹米にはそのほとんどにおいて酒造好適米を使用します。山田錦は兵庫県産と徳島県産を使用しております。徳島県産の山田錦について、故 永谷正治先生のご指導による阿波町での米造りは、年間3回の圃場視察(田植え、穂肥時期、収穫)で大変関心と共感を覚えまして、純米および純米吟醸に使用しております。

商品のご案内


大吟醸 大雄峰
(だいゆうほう)

大吟醸 大雄峰

【720ml詰】・【1.8L詰】

日本酒「石鎚」のトップブランド。
2003年全国酒類コンクール[吟醸・大吟醸]部門 全国第1位 グランプリ受賞酒

限定大吟醸
無濾過原酒

限定大吟醸 無濾過原酒

【1.8L詰】

吟醸酒の頂点をめざす蔵元の意欲作。
吟醸味豊かな入魂の一滴です(毎年12月より発売)

真精大吟醸

真精大吟醸

【720ml詰】

杜氏 越智稔が丹精を込めて醸しました。
袋吊りの雫酒を斗瓶で囲った別格大吟醸

純米大吟醸
石鎚正宗

純米大吟醸 石鎚正宗

【720ml詰】・【1.8L詰】

日本酒「石鎚」の原点がここにあります。
洗練された米のいのちが生きている

純米大吟醸

純米大吟醸

【720ml詰】・【1.8L詰】

丁寧に手造り本位で醸した蔵元の自信作。
飲み手も満足の1本です


純米吟醸 山田錦50

純米吟醸 山田錦50

【720ml詰】・【1.8L詰】

日本酒「石鎚」の人気銘柄。
山田錦独特の気品高く、幅のある深い味わいです
ANA国際線ビジネス・ファーストクラス提供酒

純米吟醸
備前雄町50

純米吟醸 備前雄町50

【720ml詰】・【1.8L詰】

野性味あふれる雄々しい香りと味わい。
雄町の酒は力強く熟成してくれます

純米吟醸
プリンセスミチコ

純米吟醸 プリンセスミチコ

【720ml詰】・【1.8L詰】

花酵母「プリンセス・ミチコ」で醸した
華やかな吟醸香と優しい口当たり

純米吟醸
朝日米55

純米吟醸 朝日米55

【720ml詰】・【1.8L詰】

岡山県産「朝日米」のふくよかで程良い甘味の有る上品な味わい

純米吟醸 愛山50

純米吟醸 愛山50

【720ml詰】・【1.8L詰】

兵庫県産「愛山」の品位にふさわしい
優雅な吟醸香が漂うなめらかな純米吟醸酒

純米吟醸 緑ラベル

純米吟醸 緑ラベル

【720ml詰】・【1.8L詰】

スタンダードな蔵元イチ押しのお酒。
穏やかながら凛とした気品漂う食中純米吟醸


山田錦 純米

山田錦 純米

【720ml詰】・【1.8L詰】

酒米の王様山田錦を全量使用。
当蔵の吟醸技術を結集した辛口純米酒(毎年10月より発売)

雄町 純米

雄町 純米

【720ml詰】・【1.8L詰】

力強く芯があり、燗酒に最適です。
熊本酵母と備前雄町で仕込んだしなやかな純米酒(毎年10月より発売)

無濾過純米

無濾過純米

【720ml詰】・【1.8L詰】

お米の旨味をそのままに、透明感のある芳香味豊かな純米酒

燗酒純米

燗酒純米

【1.8L詰】

程よい熟成感のある“燗”の妙味が詰まった一本


手造り純米 初(うぶ)

手造り純米 初(うぶ)

【720ml詰】・【1.8L詰】

石鎚の新酒しぼりたて。
純米酒のBY第1号です(1月〜3月のみ発売)

純米吟醸
春の酒

純米吟醸 春の酒

【720ml詰】・【1.8L詰】

満開の桜をイメージした優雅な春の純米吟醸酒(3月〜4月のみ発売)

吟醸酒 夏吟

吟醸酒 夏吟

【720ml詰】・【1.8L詰】

夏季限定の香り高くシャープな吟醸酒(5月〜7月のみ発売)

特別純米酒
夏純米

特別純米酒 夏純米

【720ml詰】・【1.8L詰】

日本の夏を食と彩る純米酒。
夏野菜と抜群の相性(6月〜8月のみ発売)

純米 土用酒

純米 土用酒

【720ml詰】・【1.8L詰】

鰻に合う純米酒がコンセプト。
土用の丑の日に好評の一本(7月のみ発売)

特別純米
ひやおろし

特別純米 ひやおろし

【720ml詰】・【1.8L詰】

秋定番の辛口食中純米酒(9月〜11月のみ発売)


晩酌 本醸造

晩酌 本醸造

【1.8L詰】

“冷や良し、燗良し”ワンランク上の晩酌酒

極み辛口
本醸造+10

極み辛口 本醸造+10

【1.8L詰】

奥深い旨味のある爽やかな究極の辛口酒

純米吟醸
粕取り焼酎 25°

純米吟醸 粕取り焼酎 25°

【720ml詰】・【1.8L詰】

華やかな吟香と柔らかかい口当たりは、酒徒をうならせる逸品

純米吟醸
粕取り焼酎 40°

純米吟醸 粕取り焼酎 40°

【500mL詰】

初留取りを含んだ原酒タイプ。
減圧蒸留によって得られた品格ある一滴

消費者志向自主宣言

  1. 1 理念
    1. 無駄のない、確実かつ丁寧な仕事をすることを信条に全員力を合わせて日本酒「石鎚」を醸し、一意専心「食中に活きる酒造り」の理想を追い求めていきます。
  2. 2 取組方針
    1. (1) 経営トップのコミットメント
      人と社会が満足する商品・サービスを提供します。
      お客様の声を謙虚に聞き、誠実に対応します。
      お客様の期待を超える満足を提供できるよう、新たな価値の創造を追求します。
    2. (2) 法令遵守/コーポレートがバランスの強化
      • ①食品安全に関連する法令等につき遵守を徹底するため、各部署に責任者を設置し、違反等の無いよう監督させ、新たな事項等不確実な案件が発生した場合は社長・幹部に伝達、協議を行い適正な措置を行います。
      • ②お客様の立場に立って、安全で安心頂ける商品・サービスを提供できるよう、社内での研修・協議を行い、少しでも課題がある場合には、早急に対応します。
    3. (3) みんなの声をいかすこと・コミュニケーションの深化
      • ①お客様に常にいいお酒を届けられるよう、「食中に活きる酒造り」を目標に、日々技術向上・商品開発に取り組んでいきます。
      • ②お客様の声を待つのではなく、お客様の声を聞くために自らお客様の元を訪れ、耳を傾けていきます。
      • ③お客様への情報提供はホームページ、リーフレットなどで行うとともに、幅広くお客様の声をお伺いしています。お客様から寄せられた声は、各部署共有の情報と位置付け、商品の開発、業務の改善などに活かしています。

令和3年2月10日
石鎚酒造株式会社
代表取締役社長 越智浩